扱う重量を減らしつつ筋肥大させるための3つのコツ

公開日: : アスリート

physiotherapy-595529_640

高重量であればよいワケではないことを理解する

トレーニング初心者に特に多いのが、トレーニングで扱う重量が高重量なほど筋肥大に効果がある、と信じこんでしまっている事です。

高重量になればなるほど、トレーニングをストリクト(ターゲット部位のみを使う)なフォームで行うことが難しくなります。
そのため、高重量を扱う場合にはチーティング(身体を揺らしてその反動を使うフォーム)を行う必要があります。

セットの最後の数回だけチーティングを行うのは、ターゲット部位を最大限に追い込むために必要な手法です。

しかし、セットの最初から最後までチーティングで行ってしまっては、ターゲット部位を完全に追い込むことはできません。
完全に追い込むことができなければ、当然筋肥大効果も薄れてしまいます。

ですから、筋肥大のために思い切って扱う重量を減らして、ある程度はストリクトなフォームでトレーニングをしなければならないのです。

扱う重量を減らせば、殆どの人はストリクトなフォームでトレーニングをすることができます。
この記事では、ストリクトなフォームでトレーニングをするときに意識するべき3つの点を紹介します。

扱う重量は現在よりも10 %程度減らす

現在セットの最初から最後までチーティングを用いてトレーニングを行っている場合、扱っている重量を10 %ほど落としましょう。
10 %ほど重量を落とせば、大抵の場合ストリクトなフォームでトレーニングを行えるようになります。

種目:バーベルアームカール
改善前)50 kgを、チーティングを用いて1セットに10回行う
改善後)45 kgを、ストリクトフォームで1セットに10回行う

ターゲット部位の収縮を意識する

チーティングを用いたフォームでは、身体のいろいろな筋肉を同時に使ってしまいます。
そうすると、どの筋肉をターゲット部位として鍛えているのかが分からなくなってしまいます。

ストリクトフォームではターゲット部位のみを動かしますので、ターゲット部位の収縮を意識がしやすくなります。
ターゲット部位の収縮がしっかりと意識できていると、ターゲット部位はものすごいスピードで筋肥大していきます。

ネガティブ動作に時間をかける

ネガティブ動作とは、ターゲット部位の筋肉を伸ばす動作の事です。
逆に筋肉を収縮させる動作の事をポジティブ動作と言います。

直感に反して、筋肉への負荷はポジティブ動作をする時よりもネガティブ動作をする時の方が大きいのです。

実際に高重量でバーベルアームカールをしてみると、ゆっくり挙げること(ポジティブ動作)はできても、ゆっくり降ろすこと(ネガティブ動作)は非常に難しい事が分かります。
このことからも、筋肉への負荷はネガティブ動作時のほうがポジティブ動作時よりも大きいことが分かります。

トレーニングの重量を減らすことにより、ゆっくりとしたネガティブ動作が行えるようになります。
筋肉への負荷が大きいネガティブ動作をゆっくり行うことにより、ターゲット部位を最大限まで追い込むことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
高重量でトレーニングしているのに効果が現れない!という方は、上記の3点に注意した上で、思い切って重量を下げてストリクトフォームでトレーニングをしてみるのが良いでしょう。

 

(2015,08.14 鈴木康啓)

関連記事

calculator-385506_640

【永久保存版】負荷と回数(RM)の自動計算機

負荷と回数と効果? トレーニング、特にウエイトトレーニングを始めてからある程度経った方はみな同

記事を読む

new_rice-485814_640

ダイエットをするなら絶対に知らなければならない、糖質と炭水化物の違い

この記事では、よく混同されがちな「炭水化物」と「糖質」の違いについて解説します。 「炭

記事を読む

サプリメント

え?まだ記録伸びるの!? ~クレアチンの種類・飲み方・買い方~

あなたにぴったりのクレアチン さて、現在では様々な種類のクレアチンが出回っていますが、その内メ

記事を読む

new_notes-514998_640

【ダウンロード可能】トレーニングには絶対欠かせないトレーニングノート

トレーニングノートの重要性 トレーニングを長く続けるためには、トレーニングノートは絶対に欠かせ

記事を読む

new_noodles-527651_640

カーボローディングに関する意外と知られていない2つの間違い

カーボローディングって? みなさんはカーボローディングという単語を聞いたことがありますでしょう

記事を読む

new_men-422989_1280

より短時間でより多くのカロリーを消費できる、有酸素運動の新しいカタチ「HIIT」

HIIT(ヒット)とは HIITとは高強度インターバルトレーニングの英訳であるHigh Int

記事を読む

new_ef829ee39e510997cc8ff892ea43fbe8_m

乳酸ってなに?超分かりやすく解説してみた

みなさんは「乳酸」という言葉を一度でも聞いたことがあるのではないのでしょうか? 「乳酸がた

記事を読む

11

筋肉痛でもトレーニングの記録は伸びる!?

 毎日のトレーニング 本格的にトレーニングを始めた方なら毎日トレーニングをしているかもしれませ

記事を読む

test

え?まだ記録伸びるの!? ~クレアチンについての解説と効用~

摂取するだけで記録が伸びる? あるサプリを摂取してトレーニングを行った人と、そのサプリに似せた

記事を読む

new_run-634702_640

絶対に知っておくべき有酸素運動と無酸素運動の組み合わせ方

組み合わせ方? まず前提知識として、以下のことを知っておくとよいですよ。 ・無酸素運動=

記事を読む

PAGE TOP ↑