乳酸ってなに?超分かりやすく解説してみた

公開日: : アスリート, サプリメント

new_ef829ee39e510997cc8ff892ea43fbe8_m

みなさんは「乳酸」という言葉を一度でも聞いたことがあるのではないのでしょうか?
「乳酸がたまってもう走れない!」など、よく耳にするセリフです。

それでは、なぜ体内に乳酸がたまると、走られなくなってしまのでしょうか?

乳酸について理解を深めることができれば、対処法も見つかるはずです。
今回は乳酸の基本をわかりやすく説明していきましょう。

なぜ乳酸ができるのか?

運動を行う時に、体内の「糖質」がエネルギーとして使われます。
「糖質」というのは、炭水化物に含まれている「糖質」のことです。

「糖質」は、体内で「グリコーゲン」という物質に変化しエネルギーとして蓄えられ、運動を行うときになり再び「糖質」に戻ります。
その「糖質」が運動のエネルギー源として使用され、分解されるときに「乳酸」ができます。

これが乳酸ができる仕組みです。

簡単に言うと「糖質」という食べ物があると、その食べれない余計な部分が「乳酸」ということですね。

出来上がった乳酸はどうなるのか?

体内に出来上がった乳酸はどうなってしまうのでしょうか?
乳酸は身体に取って厄介者のため、身体が勝手に分解してくれるのです。

しかし、その分解速度は、けっして速くはありません。
強度の強い運動を続けると、体内で作られる乳酸の量が分解の速度を上回るため、どんどん身体に蓄積されてしまいます。

乳酸の対策法は?

運動をするときは、必ず糖質をエネルギー源として使うため、乳酸が体内で全く生成されないようにすることはできません。

しかし対策は可能です。

乳酸は血液中から外へ流れ出ていくことが分かってます。
そのため、乳酸がたまっている部位を、使う軽い運動を行い血流を良くしてあげれば、効率よく乳酸を外に出すことができます。
乳酸が貯まったと感じた場合は、じっとしているのではなく、積極的にその部位を動かすようにしてみましょう。

筋肉の疲労が抜けない場合は?

貯まった乳酸の分解が追いつかず、筋肉に疲労が残ってしまう場合があります。
そんなときは、ぜひ次の2つを摂取してみてください。

・ベータアラニン
・カルノシン

これらは、乳酸そのものを消すわけではないのですが、筋肉のパフォーマンスの低下を抑えてくれる効果を持つ、素晴らしい物質です。

少し補足すると、乳酸は体内で「乳酸塩」と「水素イオン」の2つに分かれます。
そのうち「水素イオン」が筋肉中に存在していると、筋肉がうまく動かなくなってしまうということが最近の研究でわかってきました。

ベータアラニン、カルノシンは、「水素イオン」が筋肉に対して悪さをするのを抑える働きがあるというのです。
これはアスリートにとっては大の味方ですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ちまたでは乳酸乳酸と騒がれてますが、なぜ乳酸ができるのかを知らなければ対策はできません。
ベータアラニンやカルノシンについての記事もぜひ読んでみてください。

(2015.04.26 鈴木康啓)

関連記事

sleeping

トレーニングや運動をしない日もプロテインを飲んだほうがよいの?

トレーニングをした日に十分なタンパク質を摂取することは、トレーニングにおける常識となっていま

記事を読む

魚

脂肪完全燃焼サプリ10選 vol.3 脂肪をよせつけるな!

脂肪とは無縁の身体のための最後のステップ 脂肪を分解し、それをエネルギーとして使ってしまえば理

記事を読む

bcaa

5秒でわかる、魔法の粉BCAA

はじめに BCAAは身体によいと言われていますが、具体的にどのように身体によいのでしょうか。

記事を読む

椰子の木

摂ってはいけない!健康に悪い精製済みココナッツオイル

摂ってはいけないココナッツオイル? 最近一気に有名になったココナッツオイル。 健康にメリ

記事を読む

physiotherapy-595529_640

扱う重量を減らしつつ筋肥大させるための3つのコツ

高重量であればよいワケではないことを理解する トレーニング初心者に特に多いのが、トレーニングで

記事を読む

hmb

トレーニング初心者ほどHMBを摂るべき3つの理由

HMBとは? HMBはBeta-hydroxy-beta-methylbuteric Acid

記事を読む

weightgainer

誰でも簡単に増量できるプロテイン、ウエイトゲイナー

この記事ではウエイトゲイナーについての基礎知識を解説していきます。 ウエイトゲイナーとは

記事を読む

calculator-385506_640

【永久保存版】負荷と回数(RM)の自動計算機

負荷と回数と効果? トレーニング、特にウエイトトレーニングを始めてからある程度経った方はみな同

記事を読む

leucine

BCAAの王者、ロイシンの2つのスゴイ効果

身体に様々なメリットをもたらしてくれるBCAAはバリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ

記事を読む

valine

食欲回復の効果がある、BCAAの異端児バリン

身体に様々なメリットをもたらしてくれるBCAAはバリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ

記事を読む

PAGE TOP ↑